株式会社ほけんのフルマークス 相続・事業承継、住宅火災保険、山岳保険、確定拠出年金に強いプロエージェント

0120-900-341  お問合せ

個人で加入する保険

個人で加入する生命保険

終身保険 死亡保険の一種で、被保険者の生涯を通して保険期間とみなし、死亡または高度障害状態になった場合、保険金受取人に保険金が給付される保険。満期がないため満期保険金はありません。払い込み期間は、終身型、有期型、一時払い型が選べます。
定期保険 死亡保険の一種で、保険期間が一定期間に限定されている生命保険。
定期保険では被保険者が保険期間中に死亡した場合にだけ保険金が支払われ、保険期間満了時まで生存したときには保険金は支払われることなく契約は満了します。
収入保障保険 死亡保険の一種で、定期保険の変化系の保険。
被保険者が死亡または高度障害状態になったとき、受取人が契約で保障された給付金(月々受取や年受取などの種類がある)を定期的に分割して受け取る保険。一括受取の選択も出来ます。
養老保険 死亡保険の一種で、被保険者が保険期間すなわち一定期間中生存し続けた場合にも、またこの期間中に死亡した場合にも一定の保険金が給付される保険。生存保険と死亡保険を組合せたもので、生死混合保険または単に混合保険とも呼ばれます。
引受基準緩和型終身保険 死亡保険の一種で、終身保険と同じではありますが、持病・既往症により健康に不安のある方でも一定の条件に該当すれば加入が可能です。
三大疾病保険 三大疾病に一時金で備える保険。
「がん(悪性新生物)」「急性心筋梗塞」「脳卒中」のいずれかになられた場合に、一時金として「三大疾病保険金」を受け取れます。また死亡した場合、死亡保険が払われる保険もあります。
※がん(悪性新生物)による「三大疾病保険金」の保障の開始については3カ月の不てん補期間があります。
医療保険 病気やケガの治療を目的とする入院や手術の際に、自己負担額分の医療費や差額ベッド代、交通費などの雑費、場合によっては休職による収入減少分などを補うことを目的とした保険。
保障期間が一生涯の終身医療保険や保障期間が限定されている定期医療保険があります。
引受基準緩和型医療保険 持病、既往症により健康に不安のある方でも一定の条件に該当すれば加入可能な医療保険。
引受基準を緩和しているので、普通の医療保険よりは保険料は高くなります。
がん保険 医療保険の一種で、原則として「がん」のみを対象として保障を行うもの。
「がん」と診断された場合や、「がん」により治療を受けた場合に給付金が支払われる保険。
「がん」治療の進歩に伴い様々な治療に対応出来る特約なども増えています。
介護保険 民間の介護保険とは、保険会社が販売している商品の1つ。
公的介護保険を超えた費用負担等をカバーする役割をもちます。給付金の支払いには年金タイプと、一時金タイプに大別されます。介護費用の補てんという考えや、有料老人ホームへの入居一時金等のまとまった支払いに備えることも出来ます。
認知症保険 認知症に対応した民間保険。
介護保険の一部や特約としても保障対象となる商品もあります。
条件が様々なので、確認が必要です。
個人年金保険 老後準備として、あらかじめ定めた年齢から年金が受け取れる保険。
被保険者の生死にかかわらず一定期間受け取れるもの(確定型)や一生涯受け取れるもの(終身型=保障期間付きの場合は、保障期間の間は生死にかかわらず受け取れる)、また、あらかじめ決めた一定期間の間に被保険者が生存している場合に受け取れるもの(有期型)、夫婦の両方が死亡するまでは受け取れるもの(夫婦型)などがあります。
学資保険 子供の教育資金を確保するための保険。
保険料払込期間中に保険金支払者が死亡した場合には、その後の支払いが免除されて満期金額を受け取れる「貯蓄」と「保障」を兼ね備えた保険商品。

個人で加入する損害保険

住宅火災保険 住宅が被害を被った場合に備える保険のこと。
現在は火災・落雷・爆発・風災・雪災など様々な損害を対象としており、種類によっては、落下物などによる衝突・水漏れ・家財の盗難などの損害もカバーしてくれる保険もあります。
住宅の中の家財は家財の火災保険に加入していないと保障の対象にはなりません。
地震保険 火災保険では、地震を原因とする火災による損害や、地震により延焼・拡大した損害は補償されません。
地震保険は地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による損害を補償する地震災害専用の保険です。地震保険の対象は居住用の建物と家財です。
自動車保険 自動車の所有・使用・管理に関連して生ずる損害を塡補する目的の任意保険。
強制保険である自賠責保険を補う形の保険。保険会社により特約などの種類が豊富に存在します。
旅行保険 傷害保険一種で、国内旅行保険と海外旅行保険があります。
渡航先での病気やケガの治療費、他人にケガを負わせたり、他人の物品を壊した場合の賠償責任、カメラや衣類などの携行品の破損・盗難などを補償する保険です。
山岳保険 傷害保険の一種で、山岳遭難事故のための保険。
山岳遭難事故の場合、一般の傷害保険では対象となりません。遭難時のヘリコプター、捜索隊の捜索費用を保障します。軽登山や無雪期の縦走を対象とするものから、岩登りや雪山などハードな山岳登攀までをカバーするものまでがあります。
弊社では、山岳ガイドの方々の引率による事故を対象とした保険の取扱もあります。
個人損害賠償保険 個人の日常生活で偶然な事故により、第三者に対する法律上の賠償責任を負担した場合に、被保険者が被る損害(賠償金の支払や負担する費用)を填補する保険です。
所得保障保険 所得補償保険は、会社員や自営業者の方などが病気やケガで仕事ができなくなった場合の収入減を補う保険です。

メールでのご相談はこちら