株式会社ほけんのフルマークス 相続・事業承継、住宅火災保険、山岳保険、確定拠出年金に強いプロエージェント

0120-900-341

お問合せ

ブログ

がんの要因 ~喫煙~

前回がんの要因のおよそ3割が感染症と書きましたが、他にはどのような事がありますでしょうか。 ★日本人のがん発生要因 やはり喫煙ががんの要因で一番多いのですね。これまでの研究から、たばこが肺がんをはじめとするさまざまながんの原因となる事が科学的に明らかにされています。 ★喫煙率の低下 しかし、「喫煙率は下がっているのに肺がんの死亡率は上昇し続けている、喫煙は原因ではないのでないか」との意見もあります。これについては多くの医師が、「喫煙率が下がってから肺がんの死亡率が下がるまでには約30年のタイムラグがある、もう少し経てば死亡率も下がる」と述べています。また日本は急速に高齢化しており、高齢になるほどがんで亡くなる可能性は高まるため肺がん死亡率が上がったと言われています。 1.たばこの害 たばこの煙には60種類以上の発がん性物質が含まれ、その煙を吸うと、通り道の口・のど・肺、唾液に溶けて通る消化管の食道・胃、血液中に移行して排出される経路の血液・肝臓でもがんのリスクが高くなります。 2.がん患者とたばこ がん患者がたばこを吸うと、別の新たながんが発生しやすい事が明らかになっています。またがんの再発、治療効果の低下の悪影響もあると考えられています。 3.加熱式たばこ たばこの葉や加工品を電気で加熱し、発生する煙を吸引するたばこ製品です。主流煙には、ニコチンや発がん性物質が含まれていることが明らかになっています。 4.受動喫煙 たばこを吸う人以外がたばこの煙にさらされることを受動喫煙と呼びます。たばこ製品の燃焼部分から出る煙(副流煙)や喫煙者が吐き出す煙の中にも化学物質が存在し、たばこを吸わない人の肺がんの原因の1つになります。副流煙は多くの有害物質を含みます。 5.禁煙 たばこによるがん発生は禁煙する事で抑える事が出来ます。しかし依存性があるため、自力での1年以上の禁煙に成功できる人は1~3%という事です。日本では禁煙治療は保険適用となっています。 禁煙治療を実施している施設での、飲み薬、貼り薬での治療で楽に確実に禁煙出来るようです。 (厚生労働省HP)https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/tobacco/t-06-007.html    ...

第6回「なるほど川上さん!」

今回のテーマは「他社乗り換えする場合のメリット・デメリット!」をお送りします。   保険の販売をしている私たちが、自身の保険契約の見直しをどれくらいの頻度で行っていると思いますか? 答えは...見直しはするにはしますが5年に1回するかどうか!?みたいな感じで、ライフプランに変更があった場合に行います。例えば子供が産まれた!家を建てた!子供が進学した!就職した!など ただ、その場合でも、全部解約して他社にそっくり乗り換えるということはありません。 なぜか!?それには多くのデメリットが存在するからです!保険会社も乗り換えについて説明をするように指導はしていますが、お客様に本当にご理解いただけているかは、疑問が残るところではあります。 以下保険会社の説明文です。   ご加入中の保険契約を解約または減額し、新たな保険契約のお申込をいただく場合には、以下の点についてご理解とご注意下さい。 1.新しいご契約をお引受できない場合があります。 (例)新たにお申込みの保険契約についても告知が必要となります。  告知の内容や審査での健康状態によりご契約いただけない場合や、被保険者の健康状態により保険料 の割増や特定の病気・身体の一部を保障しない等の条件付のご契約になる場合があります。特に、現在のご契約を先に解約する場合などは無保険状態にもなりますのでご注意下さい。 2.保険料が高くなる場合があります。  (例)新たなご契約の保険料は、現在ご加入の被保険者のご契約年齢により保険料が計算されるので、保険料が高くなる場合があります。  3.保険金・給付金等をお支払いできない場合があります。  (例)責任開始日から3年以内の自殺、責任開始日前に発症していた疾病や不慮の事故による入院、あるいは告知義務違反等の場合には保険金・給付金のお支払いができない場合があります。 4.一定期間保障が始まらない場合、あるいは給付金の支払い削減期間が発生する場合があります。 (例)新たな保険期間の始期から一定期間保障が始まらない場合(ガン保険:90日間不てん補期間)や、引受基準緩和型保険の給付金支払削減期間などがあります。 5.保障内容に違いがあります。 (例)同種の保険をご契約される場合においても特約の保障適用範囲など、新しくご契約する保険と保障内容が相違する点がある場合があります。(例:特約の適用範囲の違い、手術給付金の支払い対象となる手術の種類等)  *ご加入中の保険契約を解約、減額等をされる場合、解約、解約返戻金が少なくなる場合や、一定期間の保険契約継続を条件に発生する配当金の請求権を失う場合があります。 *解約・減額予定のご契約と新なにお申込される契約の引受保険会社が異なる場合は、ご契約の相違点を十分ご確認、ご理解いただき解約・減額のお手続きをしてください。   保険契約が欲しいばかりに、新しい商品のメリットばかり強調しているケースもあり、デメリットを理解していないまま解約してしまい、保障を受けられなかったということをたびたび耳にします。 ましてや、全部を解約してすべて乗り換える場合は、保険会社・保険商品・保険期間・契約年齢等、の違いがあり比較が難しいことが多いので要注意です!! 仕組みが難しく、理解しにくい保険だからこそ、最新の注意と、セカンドオピニオンを取ることをお勧めします。   困った時は、弊社の無料相談サービスとライフプランシュミレーション試してみてはいかがでしょうか。 次回、なるほど川上さん!は保険に話題の変額保険についてお話していきます。 Kawakami...

教えて今井さん!投資の分散

分散投資をよく表している例えがあります。それは「タマゴを1つのカゴに盛るな」というものです。 タマゴを複数のカゴに分けておけば、1つのカゴがクラッシュしても他のカゴは大丈夫です。分散には3つの型があります。 資産の分散(外国株式、国内株式、外国債券、国内債券など)異なる資産 地域の分散(アメリカ、日本、中国、ヨーロッパ、新興国) 時間の分散(一気に買うのでは時間をかけて) 3つをまとまると特性が異なる複数の資産を組み合わせて、異なる地域に分散して、投資時期を集中させずに資産の購入。 昨年の今頃ビットコインが40万円→650万、日経平均が17000円→3万円超えたこと、NYの株価が史上最高値を超えたこと、来年の株価や為替を知っている人は誰もいません。 日本は人口減少が始まっていますが、世界中の人口は毎年増加しています。人口増加=経済の成長=株価上昇、どの国が覇権を握るかわからないけど、世界の経済成長は必然です。 プロのファンドマネージャーは短期で四半期の成績に追われますが、私たち老後に向けて資産形成を目指す人の最大の違いは時間を長く使えることです。コツコツ毎月積み立てができる。 「投機」(短期売買)で儲け続けるのは、投資の専門家とされるトレーダーやディーラーでも難しいです。一般的には、「卵を一つの籠に盛らず、複数の籠に分けて着実に資産を成長させていく」ことを分散投資が最大の力です。 次回は長期のお話です。 IMAI...

もうすぐゴールデンウィークですね

2021年のゴールデンウィークは、カレンダー通りだと5月1日~5日の5連休。4月30日に1日だけ有給休暇を取って7連休、5月6日、7日の2日間有給休暇を取って9連休という方もいるかもしれないですね。   新年度になって1か月が経とうとしています。新しい環境になった人もそうでない人も、なんとなくバタバタした時期だったのではないでしょうか?緊張や疲れがピークに達し、5月の連休を機に張りつめていた糸が切れ、『5月病』といわれる症状が出る人が多くいるそうです。 『5月病』というと、「ただの中だるみ」「本人の気の持ちよう」という印象を抱かれがちですが、主な原因はストレスや疲労で、症状としては、疲れやすい、頭痛がする、眠れないなどの身体的なものから、やる気がおきない、気分が落ち込む、何も興味がわかない、不安や焦りがひどくなるなど、精神的なものまでさまざまだそうです。 『5月病』は正式な医学用語ではなく、医療機関では「適応障害」「軽度のうつ」といった診断名がつけられることもあります。 『5月病』にかかりやすいのは真面目で几帳面なタイプの方が多く、自分で自分を責め、無理をして頑張ることで余計に症状を悪化させてしまうこともあるそうです。 『5月病』を予防するためには、ストレスを溜めないことがいちばんです。好きなことをしたり、好きなものを食べたりしてストレスを解消し、運動や規則正しい生活を心がけることが『5月病』の予防には効果的だそうです。   “海外旅行に行って”、“久しぶりにみんなで集まって”ストレス発散!という訳にはいかない今年のゴールデンウィークですが、ゆっくり疲れを癒したり、感染対策をして出かけたり、自分なりにリフレッシュできるといいですね。 #MINIATURELIFE展 Yamada...

がんと感染症

感染症によるがん がんの原因といいますと飲酒、喫煙、食事を思い浮かべますが、感染症による発がんが約30%をしめるそうです。 ※がんの発生に関係するウイルス・細菌 予防にはワクチンが重要 【胃がん】よく知られているピロリ菌が発症にかかわっており、日本人の胃がんの原因だと分かっているそうです。塩分やおこげなどの要因だけでは発生しません。こちらは抗生物質と胃薬の内服によって除菌する事で、がん発症のリスクを下げる事が出来ます。 【肝臓がん】肝炎ウイルスの感染によるウイルス性肝炎、特にB・C型が大きなリスクとなります。B型はワクチン・抗ウイルス薬があり、C型も抗ウイルス薬による治療法が確立されています。 【子宮頸がん】95%以上は、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染が原因です。特に16型・18型がリスクが高いタイプです。ワクチンは定期接種が行われており、効果を示すデータも出ています。10代前半に接種する事が推奨されています。 https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/qa_shikyukeigan_vaccine.html 【上咽頭がん】ヘルペスウイルスの一種でエプスタイン・バーウイルスが関与していると言われています。日本の成人では9割以上が感染しており、多くの場合無症状ですが、がんが発症する原因になる事があります。ワクチンは現在開発がすすめられています。 【白血病】ヒトT細胞白血病ウイルスⅠ型(HTLV-1)が原因となります。長期間体にひそんだのち、まれにT細胞が悪性化する白血病を引き起こします。ワクチンや除去する治療法はありません。   このようにウイルス感染が原因のがんの一部は、ワクチン接種によりがん発症のリスクを下げる事が出来ると分かっています。防げるがんは防ぐという事が重要かと思います。 那須野...

「保険加入する際のチェック事項3」として「生命保険の寿命!」について解説します。

今回の「なるほど川上さん!」のテーマ!   「保険加入する際のチェック事項3」として「生命保険の寿命!」について解説します。   生命保険の寿命って何だろう!?保険寿命とは、ご契約者様が生命保険に加入してから、解約や見直しをするまでの平均期間を私たち保険関係者の間でささやかれている言葉です。   あなたがご加入中の生命保険の期間は何年間?何歳まで?と問われて答えられる人はあまりいません。加入の際は将来の事を考え、いろいろと検討して加入しますがいつの間にか忘れてしまうものです。   さて、保険寿命はどれくらいと思われますか?   実は…8年くらいといわれています。   お客様が1つの保険に加入して、解約または見直しするまで平均8年間は短い気がしませんか!? 新しい商品が続々と発売されてはきますが、そんなに短い期間で見直しが必要なのかを考えてみたいと思います。   そもそも、弊社のようにお客様のライフプランを作成したうえで、保険設計をした場合は短期の見直しは必要ありません。ただ、お子さん産まれた場合、転職、お子さんが手を離れたなどライフプランを見直さなければならない場合は別ですが、基本的な部分は変更なくい、保障の追加や減額、期間延長、期間短縮など現在の契約を生かし内容を変えることもできますが、現状見ていると、そのような提案ではなく、全部解約して入りなおしている方が多いようです。   さてそれはなぜ!?保険会社を他社に乗り換えているケースがほとんどです。他社に乗り換えるってことは、保険寿命というより、担当者寿命といってもいいのかも知れませんね。   他社から提案を受ける場合はほとんどが人間関係による近親者からの提案が多いのかもしれませんが、住宅購入に次ぐ大事な買い物が生命保険ですので、近親者だからといって簡単に加入を決めないほうが良いと私は考えます。   そもそも、私自身が保険の見直しをして他社へ切り替えることをしていません。先ほど述べた追加・減額・延長・短縮・払い済みなどで対応しております。他社へ乗り換える場合のメリット・デメリットを十分に確認してよく検討してください。がん保険のように加入してから3カ月間保障されない「待機期間」が設定されている保険もあり、前契約をやめて他社へ乗り換え、3カ月の間にがんが発覚してしまい、がんの保障が受けられなかった!なんて話はよく聞きます。   他社から提案を受けた場合は、現在加入中の保険屋さんにも相談したほうが良いです。他社へ乗り換えを決めた後だと話にくいかもしれませんが、検討段階だったらぜひ相談してみてください。 追加・減額・延長・短縮・払い済みなど対応可能な場合もありますし、コンバージョンや転換などという制度もありますので、相談する価値ありだと思います。 両社の提案を聞いてからでも決断は遅くないですし、お客様にもメリットが高いと思われます。   次回のテーマは「他社乗り換えする場合のメリット・デメリット!」をお送りします。 Kawakami...

教えて今井さん。今回は金利についてです。

金利って皆さんはどんなイメージですか?今現在長野県の地銀の定期預金は0.002%で100万円を一年間預けると税引き後「¥160」です。ATMで時間外や週末に引き出したらふっとんでしまうのが金利の現状です。今回のブログでは「金利」について少し深掘りをしていきます。味方にすると頼もしい、敵にすると恐ろしい存在それが金利です。 私の父が住宅を建てたその時のローン金利は8.4%、、、、、 私たちFPや金融で最初に学ぶ「72の法則」72÷(金利)=【2倍になるまでにかかる年】が出ます。仮にローン返済を全くしなかったら、72÷8.4%=8.5年でローン残高が倍になるということです。借金にすると金利の持つ凄いパワーを感じると思います。 ではこれからの超低金利に慣れた私たちはどうやって「金利」の力を生かしていったらいいでしょう。金利の2つの型単利と複利についてご存じですか? 単利は元本だけに利息がつく 複利は利息にも利息がつく 最初の数年は大きな違いはありませんが、30年後には大きな違いが出ます。 72の法則、単利と複利の違いが出来たあなたは1日でも早く行動をしないければならないと分かると思います。時間を味方にできるのは、プロの投資家よりも私たち個人の資産形成のほうが断然有利です。10年後、20年後、30年後のあなたを決めるのは今のあなたの行動です。次は安全に資産形成をすること必須科目「分散」です。 Imai    ...

新年度がはじまりました!

2021年度が始まりました。新しい学校、新しい学年、新しい職場など、身の回りの環境が変わった方も多いかと思います。未だ新型コロナの影響が各所に出ていますが、今年度は少しずつでも例年のように過ごせるようになっていくことを願い、気持ちを新たに、前向きに過ごしたいですね。   今年の春は暖かく、松本市では、1953(昭和28)年の観測開始以来最も早く3月26日にソメイヨシノの開花が宣言されました。雪が解け、花が咲き、木々が葉をつける、そんな季節になりました。 4月20日は二十四節気の“穀雨”です。田植の準備が始まり、畑では種まきが行われます。変わりやすい春の天気もこの頃から安定し、日差しも強まってきます。二十四節気における春の最後の節気で、穀雨が終わる頃に夏の始まりを告げる“八十八夜”を迎えます。暦の上では、もう夏が近づいてきているのですね。   ここ最近の暖かさで、我が家の庭の雑草もみるみる成長しはじめました。早めに草取りをして、朝晩の冷え込みが和らいだら、花を植えようかなと思います。 Yamada @tanaka_tatuya http://miniature-calendar.com/exhibition / http://instagram.com/tanaka_tatsuya/    ...

がん検診

現在日本では、がんは死亡原因の第1位、 おおよそ2人に1人が一生のうちに がんと診断されます。 しかし、日本のがん検診受診率は、 男性で4~5割程度、女性では3~4割台 となっており、先進国の中でも極めて 低いのが実情です。 〇がん検診の目的は早期発見し、早期治療をする事です。 がん検診をして、実際にどの位の方ががんを発見されたか、厚生労働省が調査を行っています。 【胃がんの例】 全体ではがん検診を受けた方のうち、要精密検査は1.53~6.84%、そのうちがんが 発見されたのは1.50~4.15%です。検診を受ける事でがんを発見する事が出来ます。 また早い段階で適切な治療がされれば治る可能性が格段に高くなります。 【胃がんの例】病期別5年生存率(%) ほとんどの市町村ではがん検診の費用の多くを公費で負担しています。年に1回、2年に1回でしたら負担も少ないと思います。いずれも検診を受ければ早期発見が可能のようですので、後悔しない為にも定期的に受けたいですね。 先日柔道家の古賀稔彦さんが、がんのため逝去されました。ご年齢も53歳とお若いので、大変驚き悲しい思いになりました。古賀さんは、柔道の指導では暴力を嫌い、「指導力とは言葉の力」と口にされていたそうです。ご冥福をお祈り申し上げます。 那須野...