株式会社ほけんのフルマークス 相続・事業承継、住宅火災保険、山岳保険、確定拠出年金に強いプロエージェント

0120-900-341  お問合せ

ブログ

親バカですが、、、

先日、上の娘がピアノコンクールの予選に参加しました。 そう参加を決めてから数か月、家族で一致協力して臨むこととなりました。 仕事を終え自宅に戻ると、上の娘と妻の様子が何か、、、、おかしい。 そう練習の中でお互いに気にいらない事、娘側の主張、妻の指摘、本気で向かい合ってのガップリ四つでの親子ゲンカといった日が度々ありました。 平日がこんな感じですから、土日なんかは特に午前中にピアノの練習終えて午後は出かけましょうと決めても、中々エンジンがかからず結局どこにも出かけられずなんて日も度々ありました。 娘にかける言葉は、ピアノの練習は?、早く取りかかろうよとか?コツコツ練習した人にはかなわないよとか、練習も宿題も後回しにしがちな娘でしたが、でもどちらかというと私自身に言われたら一番キツイ事を娘に言ってしまっていたなと今ブログを書きながら思っています。 そう、娘にかけている言葉は、自分自身にも当てはめて、目標設定をしてそこに向けてコツコツと最優先に進める事、早く取りかかり、時間を無駄にしない事をあらためて自分に問いかけるいいキッカケにしたいと思います。 娘の通うピアノ教室の先生は、カリスマ性もあり、まるで「情熱大陸」に出れそうなくらいの優秀な指導者で、多くの子供たちをコンクールで入賞させる事ができる方です。彼女の一番好きなフレーズは「素敵な大人になるために、面倒くさい事を小さい頃やっていこうね」 「素敵な大人」のフレーズは何とも魔法の言葉だと思いませんか? そうピアノも仕事もスポーツも面倒な事の連続です。   娘は「素敵な大人」なるための第一歩を、地区予選ですが入選して一歩踏み出しました。 いったい自分の小学4年生の頃は、どうだったかと振り返ると、、、、、賞なんて一つももらった事なかったな~明らかに娘に完敗⇒その晩のビールは乾杯で最高でした。   褒めても何だか照れくさそうな娘を見て、改めて娘を持ち親にならしてもらい、子育てしながら私達夫婦も成長させてもらってるんだなと感じた今週末の出来事でした。 IMAI  ...

idecoで保育料が下げられる??

iDeCo(個人型確定拠出年金)   iDeCoとは、確定拠出年金法に基づいて実施されている、公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金の1つです。 加入は任意で、ご自身で申し込み、掛金を拠出し、運用方法を選ぶ制度で、掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受け取ることができます。 また、掛金拠出時、運用時、そして給付を受け取る時に、それぞれ税制上の優遇措置が講じられています。 確定拠出年金は自助年金です、国が整備した制度で、加入して掛金を積立するといろんな税金面での優遇が受けられる制度です。 一番のメリットは掛金が全額「所得控除」されること。 所得控除とは税金の計算をするときにその金額を所得から差し引くことですから、それにより課税される所得を減らすことができます。 子どもを保育園に預けていると、保育料高く感じませんか? 普通に会社に勤めているほとんどの子育て世代の人は節税の余地はありません。 ところが、iDeCo(確定拠出年金)に加入していると、保育料が安くなることがあるんですよ! 保育料の決定方法は各自治体により異なりますが、ほとんどの自治体では市民税所得割額によって決まります。みんなさんの住む街も、保育料は市民税所得割額により決定されます。 控除がidecoによって増えることにより保育料が下がることが期待できます。 自分年金のiDeCoをはじめたら、保育料が安くなるなんて、一石二鳥ですね。 自己責任の自分年金iDeCo投資教育が全くされてこなかった日本社会で、いきなりリスクを取れと言われてもハードルが高いですよね。 そんな時は、お金の専門家ファイナンシャルプランナーにご相談ください。 弊社は長野県NO1の確定拠出型年金相談窓口です。    ...

東京での研修合間を縫って巣鴨

先週はお客様に会いに行く予定と保険会社での研修があり東京へ行ってきました。 学生時代2年ほど巣鴨に暮らしていた妻が以前から今でも時々食べたくなると言っていた、 カレーうどんをスーツに白いシャツにも関わらず行って食べてきました。 巣鴨駅に降りた瞬間ここがまさしく「おばあちゃんの原宿」と呼ばれている雰囲気があって相当混みあっていました。 サラリーマンは新橋でインタビュー、高齢者は巣鴨でインタビュー、若者は渋谷でインタビューとういうことで時間の関係でお参りすることへできませんでしたが、早速カレーうどんをいただきました。 ラストオーダーは16:00 週末は18:00とまさに「おばあちゃんの原宿」 味はクリーミーなコクとカレーのスパイシーさがなんとも癖になる一品でした。近未来都市巣鴨にお寄りの際はお勧めですよ。 研修ではアマゾンで中小企業経営のビジネス書で9週連続ベストセラー20位以内の「小さな会社の稼ぐ技術」著者の栢野克己先生の講演に行ってまいりました。 日経新聞は大企業のニュースや決算情報が載っていて、日本の経済の99%を占める中小企業は事は全く載っていません。 私たち中小企業は「泥臭く、一点突破」と仰っていたのが大変印象深く、実戦出来そうな内容が多く大変参考になりました。 久々にその場で本を買い帰りの移動時間で読み終えてしましました。 東京でお客様にお話できるネタを仕入れることができました。たまの上京はお上りさんになりつつも私の大切な「仕入れ」の現場です。 IMAI...

住宅資金相談~新築へ

私のFPとしてのライフワークの一つとして住宅を建てる方の資金相談があります。 昨年の冬、すまいポート21飯田店にてお会いしたIさん。 明るいご主人と何事にも前向きな奥様とまずは資金相談という事で、ライフプランを一緒に作り上げました。 住宅の事、子供の教育、老後の事そして旅行や自動車の事など、Iさんのご家族の夢を沢山きかせていただきました。 先日住宅が建ってからはじめてうかがった時にご主人が土いじりをしていた姿を目にしました。 家を建ててからしたいことは何ですかとうかがった時に、家の周りで家庭菜園したいんだよね~と仰っていたことが、つい昨日の事みたいに思い出しました。 風通しの良さと家族の動線とことんまで考え抜かれた間取り、圧倒的な窓からの景色とIさんご夫婦の笑顔と人懐っこい息子さん。Iさんの休日は、庭いじりをした後の七輪でのBBQとビール!!だそうです。   「家は子供と思い出作りをする為の箱」まさしくそんな住宅でした。 一級建築士の先生とすまいポートの店長さんとおじゃまさせていただきました。 IMAI  ...

子供の運動会

6月2日の事ですが、小学生の娘二人の運動会がありました。 いつも車での移動と事務所での作業とほとんど直射日光の中で過ごすことのない日々を過ごしているので、6月太陽は相当体力を奪う事をあらためて感じました。運動会を終えて帰宅した娘の第一声は「疲れた~」でした。 炎天下踊ったり、かけっこしたり、大玉送り、玉入れ、綱引き、昔も今も変わらない内容でしたが、そうはいっても私たちが子供の時まさに第二次ベビーブームの真っ只中の私たちの子供の頃から比べると子供の数は減ったなと改めて感じました。 それでも全校生徒約600人+親+祖父母=2000人近い人がグラウンドにいた活気ある運動会でした。 運動会の夜にはぐっすり眠る娘の顔は少し日に焼けて赤い顔でした。 IMAI...

相続・事業承継

松本市 ほけんのフルマークスのサイトがオープンしました

ほけんのフルマークスのホームページができました 長野県松本市にあります、ほけんのフルマークスです。 ほけんのフルマークスでは、法人や個人の皆様への保険の取り扱いや、 事業承継や相続のご相談・ご案内をしております。   お客様ひとりひとりに合う、適切な保険のご案内を親身に行なっております。 ぜひお気軽にご相談ください。  ...

メールでのご相談はこちら