株式会社ほけんのフルマークス 相続・事業承継、住宅火災保険、山岳保険、確定拠出年金に強いプロエージェント

0120-900-341  お問合せ

idecoで保育料が下げられる??

idecoで保育料が下げられる??

iDeCo(個人型確定拠出年金)

 

  • iDeCoとは、確定拠出年金法に基づいて実施されている、公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金の1つです。
  • 加入は任意で、ご自身で申し込み、掛金を拠出し、運用方法を選ぶ制度で、掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受け取ることができます。
  • また、掛金拠出時、運用時、そして給付を受け取る時に、それぞれ税制上の優遇措置が講じられています。

確定拠出年金は自助年金です、国が整備した制度で、加入して掛金を積立するといろんな税金面での優遇が受けられる制度です。

一番のメリットは掛金が全額「所得控除」されること。

所得控除とは税金の計算をするときにその金額を所得から差し引くことですから、それにより課税される所得を減らすことができます。

子どもを保育園に預けていると、保育料高く感じませんか?

普通に会社に勤めているほとんどの子育て世代の人は節税の余地はありません。

ところが、iDeCo(確定拠出年金)に加入していると、保育料が安くなることがあるんですよ!

保育料の決定方法は各自治体により異なりますが、ほとんどの自治体では市民税所得割額によって決まります。みんなさんの住む街も、保育料は市民税所得割額により決定されます。

控除がidecoによって増えることにより保育料が下がることが期待できます。

自分年金のiDeCoをはじめたら、保育料が安くなるなんて、一石二鳥ですね。

自己責任の自分年金iDeCo投資教育が全くされてこなかった日本社会で、いきなりリスクを取れと言われてもハードルが高いですよね。

そんな時は、お金の専門家ファイナンシャルプランナーにご相談ください。

弊社は長野県NO1の確定拠出型年金相談窓口です。

 

 

imai

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.

メールでのご相談はこちら