株式会社ほけんのフルマークス 相続・事業承継、住宅火災保険、山岳保険、確定拠出年金に強いプロエージェント

0120-900-341

お問合せ

教えて今井さん。家計改善シリーズ「クレジットカード」を賢く使おう。

便利でお得なクレジットカードですが、使わないカードが何枚もある方も多いと思います。適正なカード枚数は一般的には2枚から3枚といわれています。

便利にかつポイントも貯めつつ家計の改善につながる使い方をお伝えしたいと思います。

クレジットカードとは、後払いができるカードのことです。コンビニやスーパーでのショッピングのみならず、オンラインショッピング、水道や光熱費等の公共料金、税金など幅広いシーンで支払いに利用できます。現金を持っていなくてもお買物ができたり、支払いをするたびにポイントが貯まったり、海外旅行保険が付帯したりと便利でお得なのいがクレジットカードです。

メリット・デメリットを表にしてみました。

キャッシュレスの基本のクレジットカードですが、いつも銀行口座から口座振替で引き落とされる、電気、ガス、通信料などをクレジットカードで支払うように設定しておけば、異なる支払日の公共料金をカードの引き落とし日にまとめることができます。これなら毎月の支払明細で支出を一元的に確認できるため、毎月の出費が管理しやすくなります。

支出をすべてクレジットカードで支払うことができれば、明細は家計簿になります。

海外ではクレジットカードでの決済が一般的です。また、一部の国では、治安がよくない地域もあり、多額の現金を持ち歩くのはリスクが高いです。

そのため、もし、海外旅行や海外出張を予定しているのであれば、クレジットカードは必須です。

普段お買物で利用するだけでも、クレジットカードのポイントやマイルは貯まっていきますが、コツを知れば、効率よくポイントやマイルを貯めることができます。以下の2点を意識して、ポイントを貯めていきましょう。

  1. ポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶ

クレジットカードのポイント還元率は、0.5%に設定されていることが多く、1,000円の利用で5円分のポイントが貯まります。

ただし、カードによっては、1.0%以上の高い還元率のカードもあります。ポイントを重視するのであれば、まず通常時のポイント還元率を確認しましょう。

  1. 日常的にクレジットカードを使う

クレジットカードと聞くと、大きなお買物の時だけに使うイメージを持つ方もいるかもしれません。しかし、ポイントを貯めたいのであれば、スーパーでの日々のお買物や、飲食店、ガソリンスタンド、高速道路など、あらゆる場面でカードを使ってみるとよいでしょう。加えて、公共料金や税金などの支払いもクレジットカードに一括すれば、ほとんどの支払いがポイント付与の対象となり、少しずつではありますが、着実にポイントを増やしていくことができます。

年会費が高くても、特典が年会費以上にポイントやマイルや付帯サービスが上回るサービスを受けられるカードもあります。ライフスタイルによって最適なカードは違います。

知らないでいるより知っていることでお得になることは多くあるので、知りたい方はご相談ください。

ちなみに私は支払いに関してはブログでは発表できませんが、2020年77,018ポイントでした。

次回は知ってるだけで、100万円単位で固定費削減「住宅ローン」です。