株式会社ほけんのフルマークス 相続・事業承継、住宅火災保険、山岳保険、確定拠出年金に強いプロエージェント

0120-900-341

お問合せ

がんと標準治療

がんと標準治療

【標準治療とは】

がんの治療というと「標準治療」を医師より勧められます。この「標準治療」とは、化学的な根拠に基づいて、安全性が許容された、現在利用できる最良の治療である事が証明されている治療です。がんの種類や進行の程度にふさわしい標準治療が提示されます。「最先端の治療」が最も優れているとは限りません。最先端の治療がこれまでの標準治療よりしぐれている事が証明され推奨されれば、それが「標準治療」となります。

【標準治療の基本~3大治療】

  1. 手術

メスなどを使ってがんを切除する治療法です。早期に発見されたがんでは最も効果的な治療法です。最近では内視鏡や腹腔鏡を使い、大きく切り開く必要が無い為、体の負担を少なくする方法が開発されています。

  1. 化学療法(抗がん剤治療)

がん細胞は血液やリンパの流れに乗って離れた臓器に転移する事があります。点滴や内服により抗がん剤を投与して、がん細胞を攻撃するのが化学療法です。副作用を最小限に抑えながら最大限の効果が得られるように主治医が調整します。副作用を軽減する支持療法が進歩したため、通院で行う事も可能で、仕事も続けられる場合もあります。

  1. 放射線療法

放射線治療とは。エックス線、電子線、ガンマ線などを照射することで、がん細胞の増殖を抑える治療法です。体の外から照射する外部照射と小さな線源を体内にいれる密封小線源治療があります。体への負担は少ないのですが、副作用は確認されています。現在は照射位置を正確に特定し、正常組織を避けながら集中的に照射できるようになりました。

医師から標準治療が示されても、「より高度な医療を受けたい」「先進医療の方が効果がありそう」と思われる事もあるかと思います。その場合、セカンドオピニオンを受けたり、ご加入のがん保険に付帯されている治療相談サービス等で相談する事もできます。

いずれも主治医の意見をよく理解し、話し合う事が重要かと思います。