株式会社ほけんのフルマークス 相続・事業承継、住宅火災保険、山岳保険、確定拠出年金に強いプロエージェント

0120-900-341

お問合せ

Author: imai

がんと代替治療

がんの治療といえば、手術、放射線、抗がん剤の三大標準治療ですが、その他に代替治療というものがあります。 1.代替治療とは 通常医療以外(保険外診療)をまとめて呼んでいます。民間療法、先端治療とも言います。海外では多く普及しており半数以上の方が代替医療をしているようです。 【代替医療の例】 最先端医療…免疫療法、遺伝子医療等 身近な医療…食事、健康食品やサプリメント、漢方、カイロプラクティック、気功等 その他…温熱療法等 2.代替治療の効果 がんの進行を抑えたり、治したりする効果は科学的に証明されていないという事です。 しかし、マッサージなどにより痛みを和らげたり、心理的なストレスを軽減する可能性は あります。 3.医師の主な見解 代替療法は、標準的治療の補助と考えた方がよいです。 健康食品やサプリメントの中には、他の医薬品との併用でマイナスの影響が出るものが あります。 病気や体質は人それぞれです。他の人の体験談が自身の症状に効果があることを示す根拠 にはなりません。また真実か創作なのか判断できません。 高額な費用がかかるものがあり、悪質な業者もあるようです。 代替療法が標準治療の効果を弱めたり、かえって体調を悪化する事もあります。標準治療 を試す前に必ず担当医に相談してください。 4.代替療法を考える時に注意する事 *高額なもの *現代医療を危険だと訴え、不安をあおる *科学的な論文でなく、体験談ばかりを引用している *ほかの治療法を一切否定する 5.がん保険 がん保険では代替医療は補償対象外となっておりますが、がん診断一時金が付帯されている 契約でしたらその分を充てる事はできます。   日本は代替医療の後進国と言われています。否定的な医師も多いようです。しかし効果も科学的に証明されておらず悪質な業者も多い為、担当医と相談しながら進める事が大切かと思います。   厚生労働省 https://www.ejim.ncgg.go.jp/public/doc/pdf/cam_guide_3rd_20120220_forWeb.pdf  ...

第12回 今回のなるほど川上さん!は相続のことについてシリーズでお話していこうと思っております。

保険屋さんと相続が関係あるの?と思う方もいるかもしれませんが、相続と保険は切っても切り離せない関係なんですよ!   では、具体的に保険と相続のお話をしていきます。相続って思ったより難しいのです。 被相続人(亡くなられる方)と相続人(財産を受け取る方)で思いが全然違っていることなんです。 WEBで相続の事を調べてみるとわかります。出てくるサイトは、ほとんどが営利目的の税理士や司法書士のページばかりで、被相続人というより相続人寄りの情報ばかりです。 被相続人が何をどのように相続させるかは、土地や現金のことばかりで、被相続人の思いや家訓、風習や慣例、宗教、親戚・地域などなど、本当に伝えておきたいことは何も書かれていない状況です。本当に残したい、後世に伝えていきたいことがたくさんある気がします。   また、揉め事を誘発しそうな言葉も多く見受けられます。確かに、現在は仲の良い家族・兄弟であっても、いざ相続が起こると揉めることはよくあること、でもそれはお金や土地を巡った揉め事ばかり、権利を主張しあい揉め事に発展していきます。 余計な情報がWEB上には溢れていて、すぐに権利主張になってしまう、今の日本を憂いますね...   さて、本題に戻って、相続と保険は切っても切れない関係かを解説していきます。   先ずは、死亡保険金! 保険には「生命保険」「損害保険」の2種類がありますが、どちらも相続に大きく関係してきます。被相続人(お亡くなりなられて方)がどのような亡くなり方をしたかでも大きく変わります。ご病気で亡くなった場合は、生命保険に加入されていれば、死亡保険金が払われます。交通事故などで亡くなられた場合は、生命保険・損害保険の両方から支払われます。 また、業務中かそうでないかでも大きく変わってきます。 亡くなった時に受け取れるのか「死亡保険金」です。 生命保険はあらかじめ、死亡保険金受取人を指定してありますので、さほど問題にはなりませんが、損害保険の傷害保険や自動車保険受取人は指定していないので、相続人全員がもらう権利が発生しますので、こちらが結構面倒です。また、事故で亡くなった場合の死亡保険金は高額なケースがあります。ですから余計に揉める要素があります。   次回からはより詳しくお伝えしていきます!...

そもそも確定拠出年金ってなに?? 教えて今井さん

確定拠出年金とは、日本の年金制度は、20歳以上60歳未満の日本に居住するすべての人が対象となる「国民年金」と、民間企業の会社員や公務員が対象となる「厚生年金」の公的年金がありますが、“自分で育てる年金”が確定拠出年金です。   この、日本の年金制度は、建物にたとえられ、「2階建て」「3階建て」などと呼ばれますが、公的年金は、加入が義務付けられている1階、2階部分です。そして、公的年金だけでは物足りないという人が、任意で加入する確定拠出年金(3階部分)があります。 確定拠出年金は大きく分けて2つあります ほぼ誰でもはいれるiDeCo【イデコ】(個人型確定拠出年金)、企業が主体で従業員の退職後の老後生活を支える福利厚生制度のDC(企業型確定拠出年金)。 運用商品の中から、自分の判断で一つ以上選択し運用割合を決めます。運用の仕方で将来の年金資産が違ってきます。運用結果は自己責任、よく考えて運用しましょう。 運用商品は、投資信託の他、預金も選択でき、両者を組み合わせることも可能です。確定拠出年金の世界では、価格変動のある投資信託のことを「元本変動型」、預金や保険のように原則として元本が保証されている商品を「元本確保型」と呼びます。 初心者の方の場合、どのように投資信託を選んで組み合わせればよいのか、思考停止している方も多いと思います。そこで、確定拠出年金の商品選択は、「迷ったら、インデックス型」と覚えておけば問題ありません。 インデックス型とは、ベンチマーク(運用の良し悪しを測る基準)として掲げられたインデックス(日経平均株価などの株価指数)に連動した運用成果を目指す投資信託のことです。確定拠出年金は原則、商品の入れ替え(これを「スイッチング」と呼びます)や、配分変更を自由に行うことができます。最初は多少「見切り発車」でも構いません。 なぜなら私たちの厚生年金、国民年金もインデックスに分散投資されているからです。 出典:GPIFウェブサイト GPIFの基本ポートフォリオは4%の期待リターンを満たしつつ、リスクが最も小さい資産構成を選定しているそうです。 初心者の方は上記を参考にされてはいかがですか。 でも、投資初心者向けアドバイスでよくあるのが「自分のリスク許容度を考えましょう! 」、つまり、リスクありきで考えるべき、ということです。次回は「携帯電話」のお話です。...

紫外線

最高気温が30℃前後の日が増え、日差しが強くなってきました。 紫外線量は、その年の天候に影響されますが、春~夏にかけて増え、7~8月の夏の季節に最も多くなります。また、紫外線の多い時間帯は10時~14時の間で、一日の約60%の紫外線量を占めているそうです。 紫外線は私たちの目には見えません。暑さを感じるのは赤外線によるもので、日焼けは紫外線によるものなので、春先の気温がそれほど高くない時期や、曇りの日なども注意が必要です。 参考:環境省 紫外線環境保健マニュアル2015 紫外線対策としては、 ①紫外線の多い時間帯を避ける。 ②日陰を利用する。 ③日傘を使う、帽子をかぶる。 ④衣服で覆う。 ⑤サングラスをかける。 ⑥日焼け止めを上手に使う。 などが有効とされています。   紫外線の浴びすぎは、日焼け、しわ、シミ等の原因となるだけでなく、長年紫外線を浴び続けていると、良性、悪性の腫瘍や白内障等を引き起こすことがあります。 一方で、紫外線は悪い影響ばかりではなく、カルシウム代謝に重要な役割を果たすビタミンDを皮膚で合成する手助けもします。最適な紫外線量には個人差があるので、紫外線の浴びすぎに注意しながら上手に紫外線とつきあっていくことが大切です。   松本地域は、標高が高く、日照時間の長い為、紫外線量が全国トップレベルで多いと言われています。これからの時期、紫外線が強くなるので、日々の対策を心がけ、自らの健康を守りましょう。...

がんと家族のサポート

がんと家族のサポート 昨今、日本人では2人に1人が一生のどこかでがんにかかります。がんは決して珍しい病気ではなくなりました。もし家族ががんと診断された場合、どうすれば良いのでしょうか。家族ができるサポートについて専門家の意見を紹介します。   患者さんのそばにいる がんと診断された患者さんの心の状態は、ショックや不安感そして気持ちの落ち込みです。患者さんを常に心配して暗い表情をしていては、お互いに疲れてしまいます。一緒に過ごす時間をつくり、リラックスできる環境を作るように心がける事が大切です。 患者さんの話をよく聞き、気持ちに寄り添う 患者さんが気持ちや希望を言葉にした時、黙って聞く事が理解や共感に繋がります。例えば「つらい」という言葉を聞くと、元気づけようと「そんな事言わずにがんばろうよ」と口を挟んだり、解決策を提案してアドバイスしたりすると本当の気持ちを話せなくなります。 情報を集める 患者さんと一緒に医師の話を聞き、がんの情報を集める事は大切です。患者向けのガイドラインがあり、そこには臓器別や症状別に推奨される治療方法が掲載されています。 また、治療について気になる事やつらい症状がある場合は、家族が医療者に伝えてもいいです。 これまで通りに接する 患者さんは極端に気を遣われたり、無理に何かを言ってもらう事を望んでいるわけではありません。「相手を理解しようとした」「手探りでもコミュニケーションを重ねていった」という事が相手に伝わり、家族の存在が大きな支えになります。これまで通りの対応が患者さんの生きがいにつながります。 家族自身もストレス対策をする 研究では家族の精神的負担は、患者さんと同程度またはそれ以上である事が分かっています。さらに家族の精神状態が患者さんにも影響する事が分かりました。ときには患者さんから離れる時間を作る等、家族自身も心のメンテナンスを見直す事が大切です。 民間の保険には、心の悩みについてカウンセラーによる相談を受けられるサービスがあります。同居の家族も利用できる場合もあるので、そういったカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。 ...

第11回 「なるほど川上さん」は実際の入院例から自己負担額を見ていきます。

前回、医療保険は必要か・必要じゃないか?ということで、いろいろなデータを見ましたがいかがでしたでしょうか?   さて、今回は実際の入院例から自己負担はどれくらいあるかを検証していきましょう! 公益社団法人全日本病院協会による調査データによると、急性心筋梗塞の場合、1回の入院費用はおよそ180万円弱、自己負担額は3割なので53万円ほどです。 脳梗塞で入院した場合は160万円ほど、自己負担額は50万円弱です。 がんも部位によって1回の入院費用は異なりますが、胃がんの場合は1回の入院費用は100万円ほど自己負担額は30万円で、肺がんの場合は1回の入院費用は85万円、自己負担額は25万円ほどになります。 公的な医療保険があるので現役世代の医療費の自己負担額は3割程度に抑えられていますし、高額療養費制度もありますので、治療費としてはさほど自己負担がたくさんあるとは言えないでしょう! しかしながら、いくつかの問題もあります。例えば、差額ベッド代!自宅の部屋とは違い大部屋だとプライバシーの問題もあり、個室を希望したいケースもあります。その際は差額ベッド代が別途かかります。   上記のような金額が相場としてありますが、1日10万円以上かかる病院も存在しますし、そもそも大部屋がなく個室しか用意のない病院もあります。 その他に考えておかなければならないものは逸失収入! 病気や怪我で入院をした場合、仕事をしている方ならば仕事は休まなければいけません。 入院期間には収入が無くなってしまいますので、得る機会を逸した「逸失収入」が発生してしまいます。 会社員ならば有給休暇なども利用すれば逸失収入を抑えることができますが、自営業の方などは入院のために休業した分、そのまま逸失収入になる可能性があります。 逸失収入も含めた自己負担額はどの程度になるのでしょうか。 公益財団法人生命保険文化センターによる「生活保障に関する調査」によると、「直近の入院時の自己負担費用と逸失収入の総額」は、平均で30万4000円となっており、10万~20万円未満と答えた方が全体の31%を占めています。       働き方は多様なので、自己負担と逸失収入を合わせて100万円を超えるかたも5.5%のいるんですね! 自己負担と逸失収入を考えて、医療保険が必要か?必要じゃないか?をお考え下さい。巷では、医療保険の入院日額が5,000円か10,000円かの論争がありますが、そんな単純な話ではありません。仕事・収入・家族構成・罹患した病気によって様々なパターンがあるので、コンサルタントに相談してはいかかでしょうか?弊社では無料相談をおこなっております。...

iDeCoで「元本確保型」を選ぶと「元本割れ」する??教えて今井さん

確定拠出年金には、大きく分けて「元本確保型」と「元本変動型」があります。 確定拠出年金の金融機関を選ぶ上での手数料についてです。確定拠出年金は長期で老後の資金を積み立てていく制度なので、信託報酬などの運営管理費用が低い商品を選ぶほうが有利なことが大前提です。 実は、iDeCoは手数料がかかるのがデメリットで、事務手数料に毎月かかり、国民年金基金連合会に支払います。また、資産管理手数料も毎月信託銀行に払います。さらに、運営管理手数料は金融機関によって異なりますが、毎月かかります(無料もあり)。 企業型DCは運営にかかる費用は会社が負担するので大丈夫です。 iDeCoで毎月運用しても、年間で数千円の手数料がかかるので、元本割れを起こしてしまいます。そのため、現在の低金利の時代だと、元本確保型の商品への積立ては、あまり得策ではありません。 個人型・企業型確定拠出年金ともに、投資信託ではなく、安全性の高い元本確保型が初期設定の企業が依然として過半数に上っています。 初心者の方は「よく分からないから怖い。だから安全な元本確保型を選んでしまう」 実質的には拠出金を運用に振り向けず、まったく増えない状態を選んでいることになります。そして、将来退職時に愕然とすることになるのです。 確定拠出年金制度(DC)企業型で約750万人、個人型(イデコ)で約200万人と、欧米にはまだまだ遠く及びませんが、着々と普及へ向かい始めています。しかし参加者は増えていても、残高の半分以上が預貯金あるいは元本確保型保険という中身を見ると、残念な内容なのがDC、iDeCoの現状です。「イデコは節税メリットがこんなにお得」という類いの誘導で説明されることが多く、制度目的をきちんと伝わっていないことが原因だと思います。 もちろんDC・iDeCoは年間拠出金額が全額所得控除の対象となることから、各人の拠出金に対する所得税率分が還付される経済的メリットは大きいわけですが、本来はしっかり運用を続けることにこそあるのであって、むしろ所得控除は制度に付与されたおまけというくらいに理解してほしいのです。それでもまだ分からない不安と思う方がいたら相談してみて下さい。 次回はiDeCo(個人型確定拠出年金)DC(企業型確定拠出年金)についてです。...

熱中症

本格的に暑くなるのはこれからですが、今年4/26~6/27までに、全国で5,924人もの方が熱中症で救急搬送されたそうです。熱中症の発生件数は6月~9月に多く、ピークは8月です。   人間の身体は、平常時は体温が上がっても汗や皮膚温度が上昇することで体温が外へ逃げる仕組みとなっており、体温調節が自然と行われますが、体温の上昇と調整機能のバランスが崩れると、どんどん身体に熱が溜まってしまいます。このような状態が熱中症です。 近年、熱中症による死亡者数・緊急搬送者数は著しく増加しています。熱中症の原因は気温の高さだけではありません。湿度や地面などからの照り返しなど(=輻射熱)も関係しています。それらの要因を考慮した「暑さ指数(WBGT)」を指標に、危険な暑さが予想される場合に「熱中症警戒アラート」を全国で発表する取り組みが、令和3年4月下旬から始まりました。 「熱中症警戒アラート」は、熱中症の危険性が極めて高くなると予測された際に、危険な暑さへの注意を呼びかけ、 熱中症予防行動をとることを促すために発表されます。 熱中症警戒アラート発表時は、 ・不要不急の外出は避ける ・エアコン等が設置されていない屋外での運動や活動を中止・延期 ・熱中症になりやすい高齢者、子ども、障害者の方々に積極的に声をかけ暑さを避ける ・のどが渇く前にこまめに水分補給する 以上のような熱中症予防行動をとりましょう。   『Yahoo!防災』、『News Digest』、『NHKニュース防災』など、防災アプリがたくさんありますので、お好みのアプリをスマートフォンやタブレットにインストールしておくと良いかもしれません。   環境省 熱中症予防情報サイト:https://www.wbgt.env.go.jp/ 熱中症アラート   :https://www.wbgt.env.go.jp/alert.php#alert_map...

夏休み時別企画キッズマネースクール in 松本市 8月8日

【夏休み企画】8月8日(日曜日) ~おみせやさんごっこはたらくってなに?ー 日時 09:45開場 09:45開場 10:00~12:00 午前の部、 13:45開場  14:00~16:00 午後の部 場所 松本市勤労者福祉センター 駐車場あり 内容 4〜10歳のお子様を対象にお店屋さんごっこを通じてお金の大切さを学んでもらう「キッズ・マネー・スクール」を開催いたします参加費は無料です。 お子様たちにはおもちゃ屋さんや花屋さんなどの店長になってもらい、「仕事をすることでお金を稼げる」という仕組みを学びます。 お父さん、お母さん向けにはお金の教育の第一歩「おこずかい」に関してお伝えしたいと思います。 お申し込みはこちらの応募フォームから https://forms.gle/xfhinwTddbKZa4Ti9 ...