株式会社ほけんのフルマークス 相続・事業承継、住宅火災保険、山岳保険、確定拠出年金に強いプロエージェント

0120-900-341

お問合せ

5月 2021

「ドルコスト」平均法~教えて今井さん~

投資っていつからはじめればいいですかという質問をされます。 その答えは今日から なぜならドルコスト平均法を使うことで、リスク管理ができるからです。 ドル・コスト平均法とは、常に『定額』で積立買付することにより、買付単価を引き下げる効果のある投資手法です。これは投資したファンドから受け取る分配金を再投資に回す投資方法です。一日でも早くたくさん買っておいた方がいいです。今相場が下がっているから、上がりきっているから、元本が減ってしまうからといって始めない方が多いのが現状です。元本の変動は前回のブログでもお伝えしたように、5年、10年の単位で考えると吸収されます。1年や3年といった短期では上下の波はありますが、世界全体でみるとインフレで経済成長し人口も増えているので世界の株式は緩やかな右肩上がりです。ドルコスト平均法の場合は安い時には沢山買えて、高い時には少ししか買えないので価格の変動のリスクは5年10年でみるとほとんどなくなります。 安定して収益が出てくるのは5年後位からになります。 何から初めていいのではなく一日でも早く初めること、何もせず5年経ってしまうのが一番もったないと思います。林先生バリに「今でしょ」。 具体的にどれくらいリスクは低減できるかは下の表をご覧ください。 次回は何に投資したらいいの?といった質問が多いですので、個別株式と投資信託についてです。...