株式会社ほけんのフルマークス 相続・事業承継、住宅火災保険、山岳保険、確定拠出年金に強いプロエージェント

0120-900-341

お問合せ

4月 2021

教えて今井さん!投資の分散

分散投資をよく表している例えがあります。それは「タマゴを1つのカゴに盛るな」というものです。 タマゴを複数のカゴに分けておけば、1つのカゴがクラッシュしても他のカゴは大丈夫です。分散には3つの型があります。 資産の分散(外国株式、国内株式、外国債券、国内債券など)異なる資産 地域の分散(アメリカ、日本、中国、ヨーロッパ、新興国) 時間の分散(一気に買うのでは時間をかけて) 3つをまとまると特性が異なる複数の資産を組み合わせて、異なる地域に分散して、投資時期を集中させずに資産の購入。 昨年の今頃ビットコインが40万円→650万、日経平均が17000円→3万円超えたこと、NYの株価が史上最高値を超えたこと、来年の株価や為替を知っている人は誰もいません。 日本は人口減少が始まっていますが、世界中の人口は毎年増加しています。人口増加=経済の成長=株価上昇、どの国が覇権を握るかわからないけど、世界の経済成長は必然です。 プロのファンドマネージャーは短期で四半期の成績に追われますが、私たち老後に向けて資産形成を目指す人の最大の違いは時間を長く使えることです。コツコツ毎月積み立てができる。 「投機」(短期売買)で儲け続けるのは、投資の専門家とされるトレーダーやディーラーでも難しいです。一般的には、「卵を一つの籠に盛らず、複数の籠に分けて着実に資産を成長させていく」ことを分散投資が最大の力です。 次回は長期のお話です。 IMAI...

もうすぐゴールデンウィークですね

2021年のゴールデンウィークは、カレンダー通りだと5月1日~5日の5連休。4月30日に1日だけ有給休暇を取って7連休、5月6日、7日の2日間有給休暇を取って9連休という方もいるかもしれないですね。   新年度になって1か月が経とうとしています。新しい環境になった人もそうでない人も、なんとなくバタバタした時期だったのではないでしょうか?緊張や疲れがピークに達し、5月の連休を機に張りつめていた糸が切れ、『5月病』といわれる症状が出る人が多くいるそうです。 『5月病』というと、「ただの中だるみ」「本人の気の持ちよう」という印象を抱かれがちですが、主な原因はストレスや疲労で、症状としては、疲れやすい、頭痛がする、眠れないなどの身体的なものから、やる気がおきない、気分が落ち込む、何も興味がわかない、不安や焦りがひどくなるなど、精神的なものまでさまざまだそうです。 『5月病』は正式な医学用語ではなく、医療機関では「適応障害」「軽度のうつ」といった診断名がつけられることもあります。 『5月病』にかかりやすいのは真面目で几帳面なタイプの方が多く、自分で自分を責め、無理をして頑張ることで余計に症状を悪化させてしまうこともあるそうです。 『5月病』を予防するためには、ストレスを溜めないことがいちばんです。好きなことをしたり、好きなものを食べたりしてストレスを解消し、運動や規則正しい生活を心がけることが『5月病』の予防には効果的だそうです。   “海外旅行に行って”、“久しぶりにみんなで集まって”ストレス発散!という訳にはいかない今年のゴールデンウィークですが、ゆっくり疲れを癒したり、感染対策をして出かけたり、自分なりにリフレッシュできるといいですね。 #MINIATURELIFE展 Yamada...